STAFF MESSAGE-1

留学経験者からのメッセージ

セコリのパターン技術をパーソナルオーダーの世界で。

イタリア・ミラノにあるモデリスト養成校「セコリ」。
そのパターン技術を学ぶために留学し、指導資格を取得。
アトリエとブティック一体型のショップ・イン・ファクトリーで
オーダーメイドの服づくりを手がける先輩に話を聞きました。

工房ガルボ チーフ 片山 純子

STUDYING ABROAD

イタリアでパターンを学び、磨いたのは感覚と感性。

3年間で毎年1カ月間、イタリアの本校で学んだのですが、最初は本当に大変でした。留学時のメンバーはパタンナー経験者がほとんどで、ソーイングのみの経験者は私だけ。パターンの基本的な知識がゼロからのスタートだっただけに、人一倍勉強が必要でした。1年目は基礎を、2年目はパターン展開を徹底して学び、3年目はサイズ展開へ。パターンの技術はもちろんですが、留学して最も勉強になったのは、感覚や感性を磨くことができたこと。留学で得た経験は、大きな財産になっています。

MESSAGE

勉強させてくれるTAKARAならモデリストになれます。

セコリで学んだ後、さらに関西にある百貨店のアトリエでオーダーメイドについて学び、その経験や技術を「工房 ガルボ」を通してお客様に還元しています。ガルボでお客様に提案しているのは、スッキリ・きっちり感のある既製服の顔をしたオーダーメイド。素材感にもこだわって、特別な感じをお客様にお届けしたいと思っています。勉強がしたいと言えば、させてくれるのがTAKARAです。ぜひ私の後に続く人が出てきてくれることを楽しみにしています。

HOME > 採用情報 > 教育体制 > 留学経験者からのメッセージ