STAFF MESSAGES-3

ファッションショー優勝者からのメッセージ

好奇心・探究心を発揮して、自分の服づくりを楽しもう!

初めてのファッションショーで見た先輩のドレス姿に感動!
先輩たちのようになりたい、後輩たちをワクワクさせたいという思いが
ショーで発表するどの作品にも込められています。
優勝経験を持つ先輩とその作品を紹介します。

松尾 春菜(2011年入社・佐賀県立有田工業高等学校出身)

FASHION SHOW

ハードなカッコよさとフェミニンなイメージを作品に。

1年目のファッションショーで、先輩のドレス姿を見た時の感動は、今でも忘れられません。デニムを使ったマーメイドラインのドレスに、バラをモチーフにした刺繍が施されたこった作品でした。先輩のようになりたいと思い、後輩をリードする気持ちで作った今回の作品が、評価されたことは大きな自信になりました。自分のイメージをカタチに創り上げていく技術を身につけることが、私の原点であり目指すもの。技能士の資格取得を目標に、確実にステップアップしていきたいです。

MESSAGE

一流の技術とブランドに触れ、“本物”が身につく場所です

パリコレの服を手がけるTAKARAを知り、佐賀県から小豆島へ。静かな環境の中で、若い人たちが緊張感を持って服づくりに取り組む様子に、さすが“本物”は違うと思いました。充実した設備、先輩一人ひとりが先生という恵まれた環境があり、本物の仕事を通して正確な技術を身につけることができるなんて、まさに“一石三鳥”です。小豆島を知らない人は多くても、作っているブランドの名前を挙げると「お?!」と感心されるので、それがちょっとした自慢です。

HOME > 採用情報 > 教育体制 > ファッションショー優勝者からのメッセージ